読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡とジャスミン

薔薇より蘭が好き

馬鹿の戯言

「自分で当たり前に出来ることが出来ない、そんな人間が多すぎて毎日イラついている」

っていう天才(能力は本当にあるし才能豊かだしお金持ち)がたまに表れますが、この気持ちは全く理解出来ない。

 

自分に能力があると疑わないなら、周りが使えないと豪語するなら、天才のあなたが楽出来るように先回りして行動すればいいんじゃないの?

そんなに怒ってて疲れないの?

低賃金で働いているファミレスの店員にまで自分と同じことを求めるなんてやめたら?

本当にいいサービスを求めるなら、もっと足を運ぶ環境を選んだら?

それを含めて全部自分で選んだことじゃないの?

 

見習う部分は沢山あるし、人としてのレベルは高くなりたいと思う気持ちはあるけれど、ああはなりたくない。

 

そういう人たちに認められるっていうことは、とても素晴らしいことなんだろう。

社会的に認められるってことなんだと思う

 

頑張ろう自分